カラオケが上手い=歌が上手いなのか?

歌が上手い人とはなんでしょうか。

私はカラオケが上手い人=歌が上手い人だとは思いません。

カラオケはリズム、音程が安定していて
しゃくりやフォール、ビブラートなどでポイントを稼げば
歌が上手くなくても点数は稼げます

前述したように
音程が正確
リズムが正確
ビブラートなどのテクニックを駆使する
これはプロで活躍する以上最低限のスキルです。
はっきり言うとプロはできて当たり前のスキルなのです。

ではプロとカラオケが上手いだけの人の差はなんでしょうか。

私が思う一番の差は
“自己検証できているか”
です。

ここでの自己検証とは
自分の声質を理解している
その声質に合わせた表現が出来ている
自分の個性(キャラや容姿、声etc)に合わせた選曲が出来ている
と言う事です。

歌が上手い人は世界中たくさんいます。
そこでプロとしての差を付けるためには
個性を生かすこと、個性を知ることが大事なのです。

自分の歌はどのキーが適正なのか
自分の声質に合うジャンルはロックなのかポップスなのか
プロはこれらを常に考えて活動しています。

皆さんは好きな曲をただ闇雲に歌っていませんか?
声が出る=ゴールではないです。
高い声やビブラートなどのテクニックの習得ももちろん重要ですが
自分の声質にあった表現はないか
自分のキャラや声質からどのキーが適正なのか
自己検証してみましょう。

表現の幅を増やすテクニックも以前記事で上げているので
是非ご覧ください→”表現力を上げる”

〜おまけ〜
平井堅さんは物凄い歌唱力が高いですよね。
では平井堅さんがヘビーメタルバンドでデビューしたとして果たして今のように売れていたでしょうか。
自分の個性(キャラ)を生かすジャンル、歌で勝負しましょう。

コメントを残す

メニューを閉じる