共鳴せよ!(共鳴腔とは?)

共鳴腔とは?

アコースティックギター(以下アコギ)をご覧になったことはあります?
画像のように弦が張ってあり、真ん中にサウンドホールという穴が空いています。

では音を出しましょう。
弦を指で弾きます。サウンドホールで響き、音が出ます。

実はアコギから音が出る原理と人間から声(音)が出る原理は非常に似ています

人間の喉にも声帯という弦に似たものがあります。
息を吐き出し、(弦)声帯を振動させ(弾き)身体の様々な空間(サウンドホール)で響き、声として形成されます。

共鳴腔とはまさに人間の身体にある“空間”のことです。

トンネルで叫ぶと遠くにも響くくらい音が届きます。
コップに口を当てて叫ぶと声がこもります。

響きがないと音がこもり、また弱々しく感じます。
共鳴腔を最大限に響かせることで艶やかでパワフルな歌声になります。

音にとって(共鳴腔)空間を響かせることがどれだけ重要か理解していただけましたでしょうか?

それでは共鳴腔の響きが歌にどう作用するかを簡単に紹介します。

胸腔
胸にある空間です。
ダンディで広がりのある低音を響かせます
咽頭腔
食道や気管など喉仏周辺の空間です。
最も重要な共鳴腔
口や鼻へ繋がる通過点となるのでここを共鳴しないことには広がりのある共鳴は期待できません。喉仏を下げることで広がります。
鼻腔
鼻の空間も共鳴します。
高音を出す際に重要な役割を果たします
口腔
口の中の空間です。
口を広げるなど共鳴させやすい共鳴腔です。
声のトーン(明るい、暗い)を左右させます。

それぞれの響かせ方については随時アップしますので、乞うご期待ください!

コメントを残す

メニューを閉じる