共鳴腔の響かせ方

前回、人間の身体には様々な空間(共鳴腔)があり、それぞれ響く場所によって音の成分に変化がつくという説明をさせて頂きました。
(詳細:共鳴腔について)

改めて復習しましょう。
胸腔
胸にある空間です。
ダンディで広がりのある低音を響かせます
咽頭腔
食道や気管など喉仏周辺の空間です。
最も重要な共鳴腔
口や鼻へ繋がる通過点となるのでここを共鳴しないことには広がりのある共鳴は期待できません。喉仏を下げることで広がります。
鼻腔
鼻の空間も共鳴します。
高音を出す際に重要な役割を果たします
口腔
口の中の空間です。
共鳴させやすい共鳴腔です。
声のトーン(明るい、暗い)を左右させます。

これらの他にも空間はありますが、歌において特に重要なものが上記となります。

ではそれぞれの響かせ方の練習法を紹介します。

-胸腔共鳴の練習方法
1,口を縦に開け、胸に手を置きます。
2,置いた手に響きを感じながら「オ」で発声練習をしましょう。
3,「オ」で発音することで甲状軟骨が下がり低音倍音が増えます。

-咽頭腔共鳴の練習方法
咽頭腔は喉の奥にあるとても重要な共鳴腔です。
歌唱の際に喉仏を上げて張り上げて歌う方を多く見ますが、苦しく聞こえてしまったり、すぐ喉が枯れたりします。
咽頭腔を響かせる為には軟口蓋を上げて喉仏を下げる必要があります。
これがよく言われている「喉を開く」あくびの状態」という喉に負担の少ない歌唱に繋がります。
前置きが長くなりました…それだけ重要さを知って欲しかったのです。笑
では練習法を紹介します。
1,あくびの真似をする。
2,「ギィ」「ガ」で発声練習する。
Gの子音のつく単語は喉仏が下がりやすいです。
特に「ギィ」は生徒さんによくスケール練習させているのですが
声帯が開きやすい傾向があります。
声帯の閉鎖を保つ為、母音の「ィ」を意識して発声しましょう。

-鼻腔共鳴の練習方法
鼻腔に関しては高音を出すミックスボイスに繋がる記事で紹介させて頂きました。
詳しくはこちらをご覧ください→鼻腔共鳴とは?

-口腔共鳴の練習方法
口腔は目に見える空間なのでコントロールしやすいです。
1,「オー」「ホーッ」と口を縦に開く発音で中音域〜高音域で声を出してみましょう。
2,次に前歯を目の前の人に見せるように口角を上げます。
この時、表情筋が硬い人は指で頬骨を上げましょう。
3,2と並行して舌を下の歯につけます。そのまま舌を凹ませます。
響きの違いを感じることが出来た人はそのポジションでスケール練習を行ってみてください。

コメントを残す

メニューを閉じる