喉を開く

無理をして高い声を出す時、張り上げたような声になっていませんか?
聞いている方も苦しいですが、歌っている本人が一番苦しいことでしょう。
喉を絞めて歌うことで高音が出ずらくなり、喉もすぐ枯れます。

なぜこのような症状が起きるかというと
“喉仏を上げて歌っている”からです。
喉仏が上がることで気管が塞がり、息の通りが悪くなります。
結果として多くの息を必要とするため喉がバテてしまいます。
また喉に余計な力みが入り、このような歌唱を続けると声帯を傷つける可能性もあります。

喉を開くとは
軟口蓋(のどちんこが付いている上顎の肉)を上げる
喉仏を下げる
ということです。

以前紹介した咽頭腔の共鳴を広げる練習法と重複する内容もありますが、喉仏を下げる練習方法を紹介します。

-喉を開く練習方法
あくびの真似をする。
まずは「ファ〜ッ」とあくびの真似を行い、喉仏が下がるのを体感しましょう。
「ギィ」「ガ」で発声練習する。
Gの子音のつく単語は喉仏が下がりやすいです。
特に「ギィ」は生徒さんによくスケール練習させているのですが
声帯が開きやすい傾向があります。
声帯の閉鎖を保つ為、母音の「ィ」を意識して発声しましょう。
割り箸をくわえて発声練習を行う。
割り箸を2本左右に奥歯まで加えます。
その状態で「マ〜ッ」と発音します。
奥歯が開くので無理矢理、軟口蓋を上げることができます。

〜注意点〜
喉を開く=声帯を開くと勘違いされている方がいるかもしれません。
声帯は基本的に閉じるものです。(詳細:声帯閉鎖とは?)
また喉仏を下げよう下げようとするあまり首回りに力を入れてしまう方も多々見受けられます。
プロでも歌唱において(高音域など)喉仏が上がることがあります。
喉仏を力任せで上がり過ぎないように作用させること。これが重要なことです。

〜おまけ〜
ここまでの内容が難しいと感じた方は飲み物を飲んでみてください。
「ゴクッ」と飲み込んだ時にのどちんこが下がり、喉仏が上がったと思います。何かを飲み込む時にこの動作は必要ですが、声を出す時は息を飲み込みような動作は不要ですよね。

コメントを残す

メニューを閉じる