歌う時のフォーム

皆さんはカラオケなどで人前で歌う前どのようなフォームで歌っていますか?

カラオケボックスなどで座って歌う人が多いと思います。
中には立って歌う方もいますが大体の方が棒立ちで歌われています。

プロのアーティストを見てください。
踊りながら歌うアーティストもいますが、ダンスを踊らない歌手の方でもステップを踏んだり手を付けて抑揚を付けたり、浜崎あゆみさんやMISIAさんなどは膝を落として手を上げて感情を込めて歌っています。

勿論パフォーマンスや表現の一部でもありますが、実は歌を歌う際に大事となる動きを取りながらパフォーマンスしているのです。

歌を歌うフォームとして一番良い身体の状態は
喉絞めや喉枯れに繋がる首回りの力みを無くし適度な脱力で歌うことです。

ここでは簡単に身体を動かし、脱力した状態で歌える動きを紹介します。

ステップを踏む
大げさに歩く(運動会の入場のように)

カラオケボックスほどの広さでもこれならできますよね?

力みを無くすには力を分散することが鍵となります。
足を動かすことで重心が下に落ち、上半身の力みの緩和に繋がります。
(腕を回しながら歌うのも効果的です。)

またステップを踏んだり、歩きながら歌うことによってリズムを取りながら
歌唱するという癖もつきます。
「身体を動かしながら歌う。」  是非試してみてください!

〜悪い例〜
猫背→腹式呼吸による正しい呼吸が出来なくなります。背を反って歌う→息を吐く際に余計な力みが入ります。適切な息の量を吐き出す妨げにもなる姿勢です。
顎を上げる→高音時に顎を上げる、上を向く人が多いですが喉が締まり、余計苦しい印象を与えます。特に高音時は顎を気持ち引きながら歌いましょう。

コメントを残す

メニューを閉じる