母音を歌う

皆さんは歌を歌う際に母音と子音を意識して歌っていますか?

滑舌が悪い
声は出ているけれど表現力がない方
歌に抑揚がない平坦な方
こういった自覚症状のある方は多いと思います。

何故このような症状が生じるかというと
日本語は口を大きく開けず、母音がぼんやりとしていても
相手に伝わってしまう言語だからです。
コミュニケーションにおいては優れているかもしれませんが、歌に関しては厄介な癖となっています。

母音を歌うというのはいたってシンプルです。
「君がいるだけで〜♪」
という歌詞があったとします。
平仮名に変換して母音を付けます。
「きぃみぃがぁいぃるぅだぁけぇでぇ〜♪」
このように“子音と母音を分ける”だけです。

これだけで
聞こえる音が増える為、歌に厚みが出る
裏のリズム(裏拍)が取りやすくなる
といった効果が出ます。

最近はアーティストのレコーディングに立ち会い、ボイスディレクション(レコーディングの際に都度、歌唱の指示をするといった仕事)を行う機会が多いのですが、仮歌が来た段階で歌詞を平仮名に変換→母音を付けて歌わせるといった工程を挟みます。

子音と母音を意識して歌唱されている方は意外と少ないと思います。
歌は言葉にメロディーを付けたものです。
1つ1つの言葉の発音を変えるだけで、表現力豊かに聴こえるので是非試してみてください。

〜おまけ〜
あまりにも母音を意識し過ぎると却って味が濃く、癖のある歌唱に感じてしまいます。
まずは歌詞に母音を付け、ブレスの間隔の短いものやくどくなる部分は母音を意識し過ぎないといった工夫をしましょう。

コメントを残す

メニューを閉じる