笑顔で歌唱力アップ!?

口角を上げましょう
笑顔で歌いましょう

音楽の授業で一度は聞いた事がある方も多いかと思います。

何故笑顔が歌に良いと言われるのでしょうか?

答えは2つ
共鳴腔を広げる事ができる
息を沢山取り込む事ができる

共鳴腔を広げる
(詳細:共鳴腔とは?)
共鳴腔の話で口腔が共鳴の着地地点であり
重要な役割を果たしていると話しました。

イメージしてください。

小さい穴に声を出すのと長いトンネルで声を出すのではどちらが響きを感じるでしょうか?

表情筋を使い口角を上げる事で
口の広がりや頬骨辺りの空間が広がる感覚ができたと思います。
声により多くの響きを与え、より気持ちの良い発声を心がけましょう!

息を沢山取り込む
(詳細:腹式呼吸について)
呼吸は口と鼻両方から取り入れましょう。と以前の記事に書きました。
口角を上げてチーズの口で息を取り入れる事でより多くの空気を取り込む事ができます。

試しに口をすぼめて(ストローを吸うように)息を吸いましょう。
次に口角を上げて息を吸いましょう。
後者の方がより多く息を取り込んだ感覚があると思います。
あなたの声の魅力を最大限引き出す為にも
より響きのある声を目指しましょう。

〜注意点〜
口をあまりにも大きく開けすぎると響きや呼気が逃げてしまいます。
ピンポン玉が入るか入らないかくらいの大きさで上の歯を相手に見せるように
歌うのが正しい口の開け方です。

コメントを残す

メニューを閉じる