“第1弾”声帯閉鎖とは?

以前、記事の中で人間の発声の仕組みとアコースティックギター(以下アコギ)の音が出る原理が非常に似ていると説明しました。

アコギは弦を指で振動させサウンドホール(穴)で音が響き、私達の耳に届きます。
人間は息で声帯を振動させ、身体のあらゆる空間(共鳴腔:口の中、鼻の穴、気管など)で音が響き、声が形成されます。

まとめると

声帯
サウンドホール共鳴腔(詳細:共鳴腔とは?)
となります。

では今回取り上げる声帯ですが、アコギと大きな違いが3点あります。
アコギは6弦あるのに対して声帯は2本
アコギは1弦弾いても音が出ますが声帯は2本の声帯がそれぞれ同時に振動します。
そしてこの声帯はくっついたり離れたりもします。

声帯が閉鎖されているというのはこの声帯がくっついてる(閉じている)状態を指します。

声帯が開いた状態だと息が流れる際に多くの息が漏れるため、より沢山の息を必要とします。
息の量を多く必要とする発声と少量ながらもパワフルな発声、、どちらが楽な発声かは言わずして分かりますね。
よくカラオケに行って1曲目、2曲目はカッコ良く歌えた人が3曲目になると苦しそうに歌っているのを見ますがこういった症状も息漏れの激しい方に多い傾向があります。

声帯閉鎖が出来ていない方は
パワフルな歌唱ができない
息切れ、すぐに喉が枯れる
という症状を起こします。

この声帯閉鎖は特に地声(低音部分)で重要になってきます。

歌唱パートでも地声で歌う機会の方が多いですよね。
声帯閉鎖は良い地声を出す為の発声の最も基本的な技術です。

次回の記事では、声帯を閉鎖させるために必要な筋肉「閉鎖筋」についての簡単な解釈と閉鎖筋を鍛える為のトレーニング方法をご紹介致します!

コメントを残す

メニューを閉じる