輪状甲状筋を鍛える

輪状甲状筋とは?
輪状甲状筋は輪状軟骨と甲状軟骨の間にある筋肉です。

この筋肉は声帯を引っ張る作用をします。
声帯は楽器の弦と役割が似ていると以前記事で書きました。

ギターは6本弦が張っているのですが
太い弦=低い音
細い弦=高い音
というように弦の太さで音の高低が変わります。

輪状甲状筋は人間の声帯を間接的に引っ張り声帯を細くします。
この状態で息が当たることにより、高い音が出ます。

(例:輪ゴム)
輪ゴムも緩んでいる時より引っ張られている方が細くなり、弾くと高い音が出ますよね。それとほぼ同じ原理です。

-輪状甲状筋の鍛え方
「ヒーッ」または「ホーッ」と裏声を出す。
これだけなのですが、大事なポイントが二つあります。
力まずに小さい音で出す(フクロウの真似)
少し息漏れの多い裏声(ファルセット)でも大丈夫です。
上を向いて発声する

〜おまけ〜
輪状甲状筋は鍛えられない、鍛えても意味がない。とう意見がトレーナーの中で存在するのも事実です。
ただ、優しく響かせる裏声を練習することでヘッドボイスの上達の近道にはなります。(詳細:ヘッドボイスについて)
私自身これらの練習を行い、高音を楽に出すことに成功した経験があるので今回記事にさせて頂きました。

コメントを残す

メニューを閉じる