通る声とは?

声が抜けない、声量に自信がないと
大きな声を張り上げて出す方が沢山いらっしゃいます。

こういった症状を持たれている方は
息のコントロールが出来ていない
息が漏れ過ぎている
これらが原因として挙げられます。

まず、通る声に必要な声量と肺活量はそれほど密接に関係していません。
体格なども関係ないです。


-声量を上げるポイント
腹式呼吸でより多くの息を取り入れる。
入ってくる息の量が多いので、その分吐き出す息も多くなります。
流れる息が多くなることで声帯がより多く振動し
より響きが広がることで声量が上がります。(参照:腹式呼吸)
口を小さく開け過ぎない
口をすぼめて声を出してみてください。
声がこもる筈です。
「う」の口で「あ」と声を出すのと
「あ」の口で発生するのとでは後者の方が響きます。
口を大きく開け過ぎない
口を大きく開け過ぎてもせっかく多く取り込んだ息が
広がり過ぎた口からだだ漏れしてしまいます。

通る声(抜ける声)を出すためには
“口角を上げて正しい腹式呼吸で息をコントロールする”
ことが最も重要となります。

「笑顔で歌唱力アップ?」
こちらの記事も参考となるので是非、ご覧ください。

~おまけ~
防音の設備が整っていない自宅で小声で練習されている方はいませんか?
声を張り上げて大声を出すのではなく、息の量で声量を出すことが必要となるのですが、少ない息の量で控えめに発声練習を行うことで、喉を痛めてしまう可能性があります。
練習はスタジオやカラオケなど防音設備が整った環境で全力で息をコントロールして行いましょう。(全力で声を張り上げるという意味ではないです笑)

コメントを残す

メニューを閉じる