鼻腔共鳴とは?

身体の様々な空間で共鳴が行われるという話を以前しました
(詳細:共鳴せよ!(共鳴腔とは?))

鼻腔共鳴とは
鼻の空間で音が響いている状態です。

鼻の空間を響かせることで奥行きのある優しい響きを演出します。
そしてこの鼻腔共鳴はミックスボイスを出すために重要な響きとなります。
(詳細:高い声を出す方法(ミックスボイスとは?))

では鼻腔を共鳴させる方法を1つお伝えします。
それはハミングという技法です。

口を閉じます。
「んーッ」と低い声や高い声を出してください。
何となくあれに近いものを感じませんか?
そうです。
ハミングとは鼻歌です。

ただ鼻歌には二種類あります。
息の量が少ない鼻歌
息の量が多い鼻歌

前者は詰まった鼻声です。
タレントのYOUさんのような声です。
鼻腔共鳴に適した鼻歌(鼻声)は後者です。
開鼻音と言います。

出ていく息が多いため鼻腔に息が多く集まり共鳴成分が増えます。

息が流れている
鼻の空間が響いている
これらを踏まえた上で鼻歌(ハミング)を練習しましょう。

-ハミングの練習方法
1,口を閉じて「んーッ」と音を出します。
2,右手の人差し指を鼻の下に置き、そこに息が当たるように音を出します。
3,左手の人差し指を小鼻に当て鼻がジリジリと動いているのを確認します。

〜最後に〜
ハミングの感覚が理解できた方は歌に応用しましょう。
現在練習している曲がある場合は1コーラスを全てハミングで歌いましょう。
次に1コーラスのうち各小説ごとにハミング→歌→ハミング→歌と交互に歌いましょう。
最後に鼻の響きを感じながら1コーラスを歌いましょう。

コメントを残す

メニューを閉じる